オンラインカジノの攻略法 マーチンゲール法について徹底解説!

マーチンゲール法について徹底解説!

ココモ法とは?

マーチンゲール法は18世紀のフランスで確率した攻略法で、コインを投げて表か裏かを当てるゲームに対する攻略法として生まれました。

 

そのため、このマーチンゲール法は『勝つか、負けるか』の二者択一(勝率が50%)のゲームにしか使えません。

 

しかし、とても簡単な攻略法なので、初心者からベテランまで世界中で多くのプレイヤーが実践している攻略法でもあります。

 

マーチンゲール法のルールは、いたってシンプルです。
負けたら、勝つまで負けた金額の2倍を賭け続ける。勝てたら、最初の賭け金に戻る』というものです。

 

たとえば、10ドルの賭け金から始めて、3回目で勝てたとします。

 

この時点での掛け金は、1回目 10ドル、2回目 20ドル、3回目 40ドルとなり、3回目で勝った配当として40ドルを受け取ったら、また賭け金を10ドルに戻してプレイを続けます。

マーチンゲール法で攻略できるゲーム

マーチンゲール法は、勝率が50%のゲームに向いています。

 

  • ルーレット(赤黒に賭けるタイプ)
  • ブラックジャック
  • バカラ

マーチンゲール法の利点

マーチンゲール法の利点は、主に3つあります。

 

  1. ルールがシンプルであること
  2. 勝った時には、負けた分を一挙に取り返せる
  3. 負け続ける可能性が低い

 

 

1.ルールがシンプルであること

 

マーチンゲール法のルールは、『負けたら賭け金を2倍にする』、『勝ったら、最初の賭け金に戻す』ということ以外に特別なルールはありません。

 

そのため、カジノ初心者の方でもすぐに取り入れることができる攻略法です。

 

2.勝った時には、負けた分を一挙に取り返せる

 

マーチンゲール法に従って賭けて連敗していたとしても、一度でも勝利できれば、これまでに負けた分をすべて取り戻すことができます。

 

 

2.負け続ける可能性が低い

 

マーチンゲール法に従ってプレイを続けていれば、負け続ける可能性が限りなく低くなります。

 

たとえば、1回プレイしたときの負ける確率は50%ですが、2連敗する確率は25%、3連敗する確率は12.5%・・・・・といったように、ゲームを続ければ続けるほど、連敗する可能性が低くなります。

 

10連敗する確率は0.1%にまで下がりますので、軍資金さえ許すのであれば、最終的に負け越す確率は限りなく低くなります。

 

 

↓  完全日本語対応のオンラインカジノ ↓

マーチンゲール法の欠点

こう考えてみると、マーチンゲール法は良いことづくめのような気がしますが、私個人が考えているだけでも、少なくとも4つの欠点があります。

 

  1. 大きな利益が出にくい
  2. ある程度の軍資金が必要
  3. 勝つまでの心理的不安が大きい
  4. 負け越したときの損失が大きい

 

 

1.大きな利益が出にくい

 

たとえば、10ドルから始めて3回目で勝ったとします。
これまでの賭け金は、10ドル + 20ドル + 40ドル = 70ドル です。
3回目に40ドルを賭けて、40ドルの配当がもらえたとき、手元にあるのは80ドルとなります。(儲けは10ドル)

 

この時点で、最初の賭け金5ドルに戻るのがマーチンゲール法のルールですから、3回のプレイで10ドルしか儲からないことになります。

 

このように、負けが続いていたり、負けと勝ちが繰り返されている状況では、大きな利益が出にくいのがマーチンゲール法です。

 

 

2.ある程度の軍資金が必要

 

マーチンゲール法を実践してプレイしているときに負けが続いてしまうと、賭け金が倍々計算で増えていきます。

 

すぐに勝てれば良いのですが、負けが続いたときの金銭的負担が大きくなっていくわけです。

 

こちらに、1ドルを賭けて負け続けた時に必要になる金額を表にしてみました。

 

負けた数

1敗

2連敗

・・・

10連敗

賭け金

$1

$2

・・・

$512

連敗率

50%

25%

・・・

0.1%

 

たった1ドルの賭け金から始めてもの、仮に10連敗したとなると512ドルもの賭け金が必要になることがお分かりになると思います。

 

 

3.勝つまでの心理的不安が大きい

 

想像に難くないと思いますが、ゲームで連敗が続いたときの心理的負担はかなりのものです。

 

上記で説明したとおり、仮に9連敗した後の10回目の賭け金は512ドルです。
金額が大きくなればなるほど、その次の賭けをするときに「これで負けたら、次は1,024ドル必要だ・・・」などと不安が大きく膨らみます。

 

勝率だけを見れば10連敗する確率は千分の一なので、理論的には「きっと大丈夫」と思えたとしても、実際に大金を動かすことになったら、誰もが不安に駆られることでしょう。

 

「いつかは勝つはずだから、負け続けても大丈夫!」と思える強い意思と、それを裏付けるだけの軍資金がない場合には、ゲームを楽しむどころの話ではなくなってしまいます。

 

 

4.負け越したときの損失が大きい

 

マーチンゲール法で負け越してゲームを終了すると、全額が損失となります。

 

実際のところ、勝率はあくまで『勝てる可能性』であって、必ず勝てるという保証ではないため、10連敗するという千分の一の確率に当たってしまう可能性も、ゼロではありません。

 

マーチンゲール法を実践するときの注意点

マーチンゲール法を実践するとき、私は2つのことを徹底しています。

 

これは私個人が自分に課してるルールですので、あくまで参考程度に書かせていただきます。
今後、皆さんがプレイしていくなかで、ご自分にあった『マイルール』を決めていただければと思います。

 

  1. 小さな目標を立てて、クリアしたらやめる
  2. 十分な軍資金を用意する

 

まず、『小さな勝ち目標』を立ててからプレイします。

 

マーチンゲール法に限らず、どんなゲームであったとしてもプレイする回数が増えるごとに連敗するリスクが高くなります。

 

そのため、ゲームをプレイする前に「2回勝ったらやめる」とか、「30ドル儲かったらやめる」といった小さめの目標を立てておき、それをクリアした時点でその日のゲームをやめるようにしています。

 

儲かった時でも、損をしたときでも、人というものは「ここまでやったのだから、もう1回・・・」などと考えて、ずるずるとプレイを続けがちです。
そのため、連敗するリスクを避けるためにも、「目標をクリアしたら、すぐにやめる」ということを徹底しています。

 

ちなみに、ここで立てる目標は「小さなもの」であることがポイントです。
大きな目標を立ててしまうと、それをクリアするための軍資金も大きくなりますし、目標をクリアするために何回もプレイしないといけなくなり、連敗するリスクが高くなるからです。

 

 

そして2つめは、ある程度まとまった軍資金を用意してからプレイしています。

 

10連敗の確率が非常に低いことから、私は最低でも11回はプレイできるつもりで、それを可能にするだけの軍資金を用意してからプレイしています。

 

私はプレッシャーに弱いので、ギリギリの軍資金でプレイすると楽しむどころか苦痛にしか感じられないのです。その点を踏まえて、あえて言わせていただくと、マーチンゲール法は簡単ではあるものの『ハイリスク、ローリターン』な攻略法だと考えています。

 

「お金を儲けたい」という気持ちもありますが、その根底には「楽しみながら」という希望がありますので、過度のストレスを感じない範囲で遊ぶようにしています。

マーチンゲール法を試してみよう!

マーチンゲール法は、50%の勝率のゲームで活用できます。
具体的には、ルーレット、ブラックジャック、バカラといったゲームです。

 

攻略法を知っているのなら、実践しない手はありません。
「宝の持ち腐れ」とならないよう、ぜひ実際のオンラインカジノで試してみましょう!

 

 

おすすめオンラインカジノ 3選

ベラジョンカジノ
★ 初回登録時、30ドルのボーナスゲット
★ 最高$1000のビギナーズボーナス
★  完全日本語対応、日本語チャットサポート完備

カジノシークレットについて詳しく見てみる

カジノシークレット
★ 最短1時間での出金(インスタントキャッシュバック)
★ 負けてもお金が戻ってくるキャッシュバックシステム
★ 完全日本語対応、日本語チャットサポート完備

インターカジノについて詳しく見てみる

インターカジノ
★ 1996年設立の老舗オンラインカジノ
★ 総額$1000のウェルカムボーナス
★ 完全日本語対応、日本語チャットサポート完備

関連ページ

リスク軽減で勝てるオンラインカジノ攻略法 パーレイ法(逆マーチンゲール法)を徹底解説!
リスク軽減で勝てるオンラインカジノ攻略法 パーレイ法(逆マーチンゲール法)を徹底解説!
リスク軽減で勝てるオンラインカジノ攻略法 ココモ法を徹底解説!
リスク軽減で勝てるオンラインカジノ攻略法 ココモ法を徹底解説!
リスク軽減で勝てるオンラインカジノ攻略法 モンテカルロ法を徹底解説!
リスク軽減で勝てるオンラインカジノ攻略法 モンテカルロ法を徹底解説!

ホーム RSS購読 サイトマップ